2018年4月3日

ステージの設営も今はシステム化されてきた

最近はステージの設営もどんどんとシステム化されてきて、簡単に出来るようになってきています。

特に特徴的なのが、持ち運びが出来るように軽量化されていると共に、簡単に組み上げることが出来るように考えられている事です。昔はステージの設営はある意味では職人さんの技術によって出来るようなところがありましたが、最近は誰でも組み上げることが出来るようになってきていて、ステージの設営のスピードも上がってきているという事があります。

ただ、ステージが屋外にあるという事もあって、雨には弱いという事は昔も今も変わらないところです。最近は野外ステージに対する需要も多くなっていて、各種のイベントに使われたり、アイドルのコンサートなどに使用されるような事も多くなってきました。

それだけにいろいろなところで活用されることが多くなってきており、こうした技術が進化してきたと考えられます。昔でいうような仮設テント的なものではなく、しっかりとしたものが造られるようにもなってきてもいて、多くの人を収容するような事も出来るものが設営されることも珍しくはありません。

規模をいろいろと選べること出来るようになっていることも最近の特徴といっても良いかもしれません。これも機材や設備が軽量化されてシステム化された事と関係あると考えてもいいでしょう。需要が拡大した事もありさまさまなステージを考える必要もあって、こうした技術革新がなされるようになったわけです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *