2018年4月6日

ステージ設営方法で最も気を付けなければならないこと

ステージ設営時にあなたなら何を優先して設営配置などを決めますか。

見た目を優先したりステージ上を駆け回るような演出をできるようにステージの上には極力には小道具などの装飾品を置かないようにしますか。どれも演出には欠かせないようなことだと思いますが最も優先しなければならないことは、安全なステージ作りだと考えます。

なぜかというとお客さんや利用する人にけがをさせるようなことがあってはならないからです。安全管理が出来ていなかったことによって起きてしまった事故は沢山あります。例えばライブの演出で巨大なクラッカーを使った際に近くにスタッフが居たにも関わらず巨大クラッカーから大量の紙テープが打ち出されてしまったためにスタッフがけがをしてしまうというような事故が過去にありました。

これは、巨大クラッカーの近くに入れないようにするなどの安全策を取っていれば起こらなかったはずの事故です。他にもライブ撮影用に観客の頭上に設置されたワイヤーを使って撮影用のカメラを吊り下げながら撮影していたカメラが落下して幸いの人に直撃することはなかったものの落下の衝撃で壊れ飛び散った部品で観客が怪我をするという事故が起こったことが過去にありました。

このカメラは重さがなんと40㎏もあったのです。それが約6メートルに位置方落下してしまったのです。もしこれが人に直撃していたとしたら即死もあった大事故です。これらの事故のようなことを起こさないようにするためにもステージ設営の際には安全管理を徹底していくことが最も大切だと思います。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *